あゆみ 1988-2006

日本・ロシア協会の40年のあゆみ(1988~2006)

1988年
女性委員会、大使館で茶の湯セレモニーを開催
5・18  ソ連客船「プリアムーリエ号」火災事故 協会大阪支部見舞金贈呈
6   アンサンブル公演 「アゼルバイジャン」
6・28  ソ連共産党第19回全国協議会~7・1(ゴルバチョフ書記長の「新思考」「公開性」「民主化」
を一層進めてペレストロイカを発展させ る路線が決議される)
7・15  機関紙「日ソ親善」に「ご存じですか」連載始まる
8 ・1   第7回「日ソ不戦の誓い」代表団派遣116名 団長:安田修三理事 レニングラードで
長崎の鐘を贈り平和公園設置モスクワで「日本と祭りの生活」写真展
10・16  第6回「日ソ円卓会議」 場所:モスクワ・セントラル・ツーリスト・ホテル 100名参加
10     アンサンブル公演 ウドムト自治共和国「イタルマス」
11・1    横山利秋理事長死去
12・7   アルメニア大地震 協会義援金を募金
12・16  全国理事会 村上義光事務局長が理事長代行

1989年
1・6    昭和から平成へ
1・20  「89・日ソ友好と経済交流セミナー・仙台」 場所:仙台、主催:宮城県支部
4     大使館員、房総の花見 千葉習志野
7・31  第8回「日ソ不戦の誓い」代表団派遣74名 極東グループ(ウラジオストック、サハリン)
団長:村上義光事務局長レニングラード・グループ団長:吉田昭治(埼玉西部支部)
10     アンサンブル公演 アルメニア「シラク」 クラシック・バレエ公演 ロシア主要都市バレエ団選抜メンバー
10・21  第6回「日ソ婦人セミナー」場所:大阪、鹿児島、長崎、東京
11・9   「ベルリンの壁」開放される
12・2   地中海マルタ島で「米ソ首脳会談」(東西冷戦が終結)

1990年
2     女性委員会、ソヴェト大使館に庭木10種類以上贈呈、植樹に立ち会う。沿海州婦人団体受け入れ、
ディズニーランド
4・21  第26回定期総会 場所:東京・パストラル 理事長に岡田利春を選任
5・24  第9回「日ソ不戦の誓い」代表団 タシケント集会
5・28  レニングラード集会 団長:岡田利春理事長
6・20  ~21 「シベリア抑留をめぐる日ソシンポジウム」主催:全抑協
6・25  「平和と友好・不戦の誓い」の碑 タシケントに建立 福島県支部
7・21  ピオネールキャンプ サハリン・オロンピアで 27名参加  ~8・17
8・3   サハリンの子供受け入れ 6名 埼玉、東京にホームステイ ~8・12
8     福島県支部 ウズベクの子供受け入れ
10・18  新しい日ソ関係を目指す「日ソ専門家会議」 東京・ラングウッドホテル 参加500名
日ソ友好5団体主催 ソ連側ヤナーエフ、ペトラコフ、ヴォリスキー氏ら20名出席
10・5 ~10・27 アンサンブル公演「カザフ国立アンサンブル」
11・16   第2回全国理事会「ゴルバチョフ大統領歓迎テレホンカード」発行と販売を決定
「チェルノブイリ支援カンパ」も決定

1991年
4・16    ゴルバチョフ大統領来日
~19  ゴルバチョフ大統領歓迎レセプション、場所:東京・ホテルニューオータニ。大統領、協会の活動を評価
5・25   第27回「定期全国総会」 場所:東京・日本海運クラブ  会長に三塚 博を選任
6・12   新潟-イルクーツク定期航空路開設
6・22   第10回「日ソ不戦の誓い」代表団派遣51名
~7・1   ソ連側に注射針100万円分を寄贈、サハリンへマイクロバスを寄贈 団長:岡田利春理事長
7・16   東京都とモスクワ市が姉妹都市提携に調印
7       福島の子供がウズベキスタンでホームステイ
7・19    ソ連の子供5名受け入れ 千葉、埼玉ホームステイ
7・29~  ピオネールキャンプ 9名参加 サハリン・オリンピア
8・19    ソ連で「クーデター」
10・10    クラシックバレエ公演 スベルドロフスク国立劇場バレエ団 ~30
10・11    ロシアに「露日協会」創立 会長はV・Nザベーリン
第7回日ソ婦人セミナー、モスクワ
12・25    ソ連邦解体、旧ソ連邦は独立国家共同体(CIS)となる
12・29    モスクワ・スーズダリ旅行団派遣
~1・ 5

1992年
5・22   第28回定期全国総会 場所:東京・憲政記念館 規約を全面的に改正、
協会の名称を「日本・ロシア協会」と改称
6・15   協会機関紙314号から「日ロ親善」と名称変更
7・29  「ふれあいの旅」7名
~8・10  イルクーツクとウラジオストクのピオネールキャンプ
8・10   福島県支部ウズベキスタンへ代表団100名を派遣
~21
8・19   ウラジオストクの少年サッカーチーム11名を派遣、ホーム
~31  ステイ 千葉、埼玉、神奈川各県支部
11・ 1   クラシック・バレエ エカテリンブルグ国立劇場バレエ団
~25  各地で公演

1993年
3・14   小田原小学生駅伝にモスクワの少年チーム参加 場所:神奈川小田原市
4・ 1   新潟-ウラジオストック定期航空路開設
5・ 3   日ロ協会代表団モスクワへ31名派遣、露日協会と協議
~9  団長:岡田利春理事長
5      大使館家族、潮干狩 船橋
6・25   ロシア民族アンサンブル「オリジナル&ファンタジア」全国
~9・23   公演 大原企画
6・28  第29回定期全国総会 場所:東京・都道府県会館 事務局長に大久保忠男を選任
6・28  福島県ウズベキスタン文化経済交流協会設立
8・31  岡田利春理事長、子牛12頭をサハリンへ寄贈
9      新潟・ロシア村誕生
10・ 3  ロシア最高会議ビル(モスクワ)砲撃
10・ 8   日本テレビ「93、世界ジュニア頭脳」でロシアの少年選手団、数学で金、記憶で銅メダルを獲得
10・11  エリツィン大統領来日
11・11  赤城宗徳前会長(常任顧問)逝去

1994年
4・ 4  函館-ユジノサハリンスク定期航空路開設
5・27  第30回定期全国総会 場所:東京・衆議院第2議員会館
7・15  富山-ウラジオストック定期航路開設
7・23~10・13  ロシア民族アンサンブル「オリジナル&ファンタジア」全国公演
8・ 1 子供絵画フェスティバル(ウラジオストック)に作品出展 160点
8・ 3 「ふれあいの旅」代表団派遣 9名 団長:清水徳松常任理事 イルクーツク、ノボシビルスク、バルナウル
~10
8・5   少年サッカーチーム、ウラジオストックに派遣 1チーム18名
10・12  協会創立30周年記念シンポジウムとレセプション、場所:東京・霞ヶ関ビル

1995年
7・ 3   日本・ロシア協会とロ日協会との第1回「日ロ交流会議」
~4  場所:ウラジオストック市 三塚 博会長を団長に団員35名協力協定(1995~96年)を取り交わす
7・ 5  サハリン州北部地震(5月28日)「被災者救援資金カンパ」活動により、救援資金を贈る
7 ・ 5   第3回「ふれあいの旅」代表団を派遣 サハリン ハバロフスクへ岡田利春理事長を団長に団員10名
8・25  「ロシア民族アンサンブル“オリナル&ファンタジア”」
~10・23  全国公演

1996年
8・13  第4回「ふれあいの旅」代表団を派遣 モスクワ、サンクトペテルブルグへ
~15
8・24~10・30  「ロシア民族アンサンブル“オリナル”」全国公演
10・ 3  第2回「ふれあいのロシア」写真コンクール
10・ 7~19  日ロ国交回復40周年記念「日本文化フェスティバル  場所:東京・赤坂プリンスホテル

1997年
4・ 4~10 「アルタイ・日本協会代表団」を招待 V・ノヴォシーロフ会長ほか
6・14~20  第5回ふれあいの旅「シベリア抑留日本人死没地訪問団」を派遣 モスクワ、ノボシビルスク、
バルナウルへ 清水徳松常任理事を団長に団員6名
6・14  「女性訪ロ代表団」を派遣 モスクワ、サンクトペテルブルグへ
~22  本多喜美副会長を団長に団員12名
5・23   三塚博氏のロシア連邦民族友好勲章受勲祝賀「日ロ友好の夕べ」及び「大久保玄才友禅作品展」
在日ロシア大使館ホール
8・23 ~10・2 「ロシア民族アンサンブル“オリジナル”」全国公演
9・ 6  モスクワ建都850年祭「日本伝統芸能フェスティバルを開催 場所:モスクワ市/
モスクビィチ自動車文化会館 大久保忠男事務局長を団長に団員57名
11・18  第3回常任理事会で葉山峻衆議院議員、理事長就任。

1998年
5・23~29 「日本伝統芸能訪ロ団」を派遣 モスクワ市ヒームキ市へ 坂本市郎常任理事を団長に団員11名
6・ 2~8  ロ日協会設立40周年記念総会(5日)参加「訪ロ代表団」を派遣 モスクワ市
岡田利春副会長を団長に団員13名
6・ 4~10 第6回ふれあいの旅「シベリア抑留日本人死没地訪問団」を派遣ノボシビルスク、バルナウルへ
清水徳松常任理事を団長に団員5名
6・25~7・7 「ボログダ少年少女合唱団」公演 団員25名を招待、10会場で公演
9・ 5~10・28 「ロシア民族アンサンブル“オリジナル”」全国公演
9・16   「大久保玄才・現代日本染色展」在日ロシア大使館ホール
11・16~17 ロシア21世紀委員会と日ロ友好フォーラム21との第1回「日ロ合同会議」
場所:東京・ホテルニューオータニ
12・ 9   「日ロ極東地域の経済協力」に関する講演会、場所:東京・千代田区「社会文化会館」

1999年
5・14~16 ロシアバレエ「ヴェハレフ、セレクションズ」の公演、 TTプロジェクト企画提供
5・28  第35回定期総会
6・23  ロシア21世紀委員会と日ロ友好フォーラム21との第2回 ~24 「日ロ合同会議」(日ロフォーラム99)
場所:モスクワ市・旧コメコンビル 桜内義雄会長 三塚博副会長以下、団員90名
7・ 8  講演会 テーマ「日ロ貿易の現状と今後の見通し」講師 喜入 亮氏
8・20  第5回ふれあいの旅「シベリア抑留日本人死没地訪問団」~20を派遣イルクーツク、ノボシビルスク、
バルナウル、ビースクへ団員3名
8・29~10・24 「ロシア民族アンサンブル“オリジナル”」全国公演
9・ 5  「ロシア友好・文化団体との交流訪ロ団」を派遣 モスクワ、 ~12 クラスノヤルスクへ
葉山峻理事長を団長に団員7名
9・ 2  講演会 「北方四島ビザなし交流の現状と今後の課題講師 吹浦忠正氏
9・18  日ロ文化交流「広山流いけばな展」ロシア連邦大使館ホール ~19
10・ 7  講演会 テーマ「激動期を迎えたロシアの政治展望」講師ゴロヴィニン氏
11・9   講演会 テーマ「日ロ合弁企業“光と陰”」講師吉富正幸氏

2000年
2・24  講演会 テーマ「社会経済を中心としたサハ共和国近況」  講師 勝木英夫氏
3・30  講演会 テーマ「ロシア大統領選挙と今後の政治展望」    講師ゴロヴィニン氏
5・14  女性委員会、ウラジオストーク文化基金に招待される。ロシア沿海地方親善交流女性団の旅 7名
団長 渡辺温子
5・19  第36回定期総会   講演会 テーマ「日ロ関係の現状と課題」講師 クラフツエビッチエビッチ氏 5・23  特定非営利活動法人(NPO)認可取得       5・23 特定非営利活動法人(NPO)認可取得
8・ 1~11  第8回ふれあいの旅 団長 清水徳松 7名
11・14  「日ロ友好フォーラム]と「ロシア21世紀委員会」が第2~15回合同会議開催
11・10~17  第3回写真コンテスト 「私の愛するロシア」 148点応募作品あり

2001年
2・24   「第2回日ロ学生交流訪問団」14名
~3・ 6
3・ 5  岡田利春副会長に「ロシア民族友好勲章」ロシア大使館ホール
8・25  「頑張れジェーニヤ」支援アピール
ロシア少年11歳のジェーニヤ大火傷治療の支援募金
9・11  「ロシア民族アンサンブル」全国公演
11・27  「ロシア文化と料理の夕べ」ロシア大使館レセプションルーム

2002年
5・22   NPO法人日本・ロシア協会第3回(通算38回)定期総会
7・19   「ロシア少年少女バイオリンアンサンブル」埼玉、長野各地 ~8・ 2 公演
7・25   2003年「ロシアにおける日本年」実行委員会設立
9・26   日ロ協会がロシア対外文化科学協力センター、ロ日協会と三者協定に調印、
文化・科学・技術経済で多面的協力推進
9~10  「ロシアフォークアンサンブル」北海道、東北、関東、東海県で40公演

2003年
2・26   前事務局長大久保忠男氏逝去
3・16   サンクト・ペテルブルグ国立海軍文書館ウラジミル・ソボレフ館長ら下田開国博物館、日露和親条約締結の
長楽寺、 ロシア人墓地がある玉泉寺訪問。協会下田協力
5・ 3   日ロ協会招聘で、ロ日協会・クリチーナ事務局長来日
5・12   特定非営利法人(NPO)第4回(通算39回)定期総会
クリチーナ事務局長講演「ロ日協会活動の現況」
6・19   ジャパン・トラディショナル・エキジビジョン東儀秀樹 ~26(雅楽)公演、開催地サンクトペテルブルグ、
モスクワ主催サンクトペテルブルグ建都300周年記念事業実行委員
7・ 5   協会岩手、第2回ロシア料理・交流の会
7・19   協会岩手、「ホット地球市民・ロシアからこんにちは」協力
7・27~8・2  魅力のシベリア・極東ふれあいの旅
9・10   日ロ共同シンポジウム「日本とロシア:異文化交流」~11  モスクワ 吉田事務局長他35名参加
9・10~11・15  「ロシアフォークアンサンブル」日本公演
10・ 9   ワレンチナ・テレシコヴァ国際文化協力センター議長 (世界初の女性宇宙飛行士)招聘、
~15 法政大学での講演会、千葉幕張のプリンスホテルで女性宇宙飛行士角野直子氏とのトーク
を交えたフォーラム「宇宙と女性」を開催。千葉県女性実行  委員会・女性委員会共催
10・15   世界宇宙飛行士会議in花巻、ロシアのユーリー・ウサチョフ、ミハイル・チューリン。協会岩手協力
10・11  「ロシアにおける日本文化フェスティバル2003
~12 サンクトぺテルブルグ300周年祭」に民族文化芸能団300名参加(千葉、埼玉、茨城、東京各都県)

2004年
1・19   臨時総会開催、鳩山由紀夫会長、斉藤斗志二理事長、長峰義博事務局長選任
3・27  日ロ協会・サンクトペテルブルグ国立劇場音楽芸術博物館共同主催「日露戦争100周年記念
日本人捕虜製作邦楽器修復事業開始式典」をシュレメチェフ宮殿で200名参列で挙行
3・28  鳩山由紀夫会長、斉藤斗志二理事長就任祝いと“日ロ文化フェスティバル”ロシア大使館で盛大に挙行
3・31  音楽芸術博物館収蔵責任者コシェレフ・ウラジミール氏来日捕虜製作三味線・月琴里帰り。
大滝邦楽器で修復
4・ 5  「コシェレフさんを歓迎する会」幕張プリンスホテルで
4・    東京永田町・憲政記念館で特別展示と講演会
5・22  斉藤斗志二理事長、富士市友好団体32名とクロンシュタット開港300周年式典参加
8・22~28  第11回ふれあいの旅、ウラジオストク、ハバロフスク、イルルクーツク、バイカル湖など
9・ 4~9   鳩山訪ロ団出発、国際文化科学協力センター、ロ日協会と三者協定締結
9・27  「国際交流ソサエテイ千葉」ロシアの会(土屋津以子代表)と日ロ協会京葉支部(星野昌世会長)が
下田・戸田へ日ロ修好の歴史を訪ねる
9・29  岩手協会、ナターシャ・グジー演奏会
10・25  都内文京区の鳩山会館で「駐日ロシア連邦アレクサンドル・P・ロシュコフ大使を囲む会」
11・ 2  Y・V・ヴァレンコフ将軍ほか歓迎パーティ(ホテルニューオータニ)、日ロ協会、ロシア連邦大使館後援
11・ 9  北海道協会、シェフチューック総領事講演会・歓迎交歓会
12・ 8  第3回理事会、森前首相最高顧問に就任
ロシア連邦日本大使館で日露修好150周年前夜祭 町村外相、ロシュコフ大使ほか総勢250名参加

2005年
1・15  富士市に協会が寄贈した日露修好記念碑除幕式挙行、斎藤理事長出席、鈴木富士市長、
外務省内田ロシア交流室長など
1・26  ロシア人初の上陸地千葉天津小湊町で記念碑除幕式、ロシア大使館ホホエフ参事官ら参列。
3・21  大阪日ロ協会、ロシアバレエを学ぶ第17回短期留学生派遣
4・16  政府主催「日露通好条約150年記念式典」、下田市で開催、小泉首相、町村外相、
ロシュコフ駐日大使ら400人参列、プーチン大統領祝辞寄せる。協会は静岡、千葉中心に50名 参加
5・ 8  「国際交流ソサエテイ千葉」ロシアの会代表8名の訪露団
、  ~15 サンンクトペテルブルグ国立劇場音楽芸術博物館に日本人捕虜製作邦楽器返還式挙行、メドヴェージ村
捕虜収容所跡視察及び  墓参、バラの学校と交流協定結ぶ
5・15  星野昌世京葉支部会長逝去
5・25  川口支部が「新生」総会開く
6・ 3  シベリア鉄道による日露国交樹立の原点をたどる伊豆支部 訪露団出発ペトロパブロフスク市訪問、
カムチャッカ大学で交流、ハバロフスク州知事訪問、ニコライエフスク、イルクーツクで親書交換、
20日に鳩山訪露団とモスクワで合流
6・14  衆院副議長公邸で創立40周年記念定期総会。あわせて鳩山訪露団激励の集い挙行
6・20  鳩山訪露代表団出発、副代表橘康太郎衆院議員、渡辺周衆院議員ほか。ロシア外務省、
有力政治家、各界要人などと新たな日露関係構築に意見を交換
6・22  日ロフォーラムを日ロ協会・ロシア21世紀委員会共催でモスクワ市庁舎内ホールで開催。
参加団体 ロシア外務省付属ロシア国際文化科学協力センター、ロ日協会、日本研究者協会、
日本センターなど地域代表
6・23  日ロシンポジウム「150年の意義と展望」をモスクワ国立大学で開催。
サンクトペテルブルグの女性画家ナターリア・マクシモア女史・モスクワの画家パーベル・イリシェフの
絵画展を同時開催
7・ 2  外務省主催日ロ青年交流周航事業完結パーティを下田市伊豆急ホテルで挙行。日ロ協会シベリア鉄道班が
成果を報告
7・ 5  斉藤理事長訪露団60名、クロンシュタットに出発
日ロ友好の碑除幕式
7・28  協会岩手センター、「第34回サハリン平和の船宮沢賢治・サハリン紀行」
8・24  日ロ埼玉、第11回ふれあいの旅、5名。秩父郷土芸能研究会、12名、ノボシビルスクへ。
8・30  大阪日ロ、ロシアバレエ長期留学生出発。ボリショイバレエアカデミー2名、ワガノワバレエアカデミー3名、
ベルミバレエ学校1名
11・18  ルシコフ・モスクワ市長(ロシア21世紀委員会議長)来日、鳩山会長ほかと懇談。協会の案内で、
石原慎太郎都知事ほか都幹部と都庁で会談、三菱自動車会長訪問。
11・19  ルシコフ・モスクワ市長、協会の案内で日本たばこ産業首脳と懇談
11・20  プーチン大統領訪日、鳩山会長、橘副会長、斎藤理事長と懇談。2006年の日ロフォーラム支援を言明
12・14  ロシア大使館でロシア国際文化科学協力センター80周年記念表彰。メダル授与鳩山由紀夫、斎藤斗志二、
表彰状授与者橘康太郎、西村明宏、吉田衆一、佐藤賢明、坂本市郎、渡辺温子、星野昌世、大原将爾、
清水徳松、葉山峻、岡田利春、横須賀寿子、土屋津以子、細田栄作

2006年
1・10  「ロシア文化フェスティバル2006 IN JYAPAN」開幕。「オープニング ガラ コンサート」開催。
日本側組織委員会委員長に森喜朗前首相(協会最高顧問)、委員に鳩山会長ほか
2・19  京葉支部、ロシア大使館後援で、中学生天才ピアニスト高木竜馬リサイタル、千葉ぱ・る・るホール
3・13  日ロ協会、ロシア大使と定期協議開催。日本側から鳩山会長、橘副会長、長峰事務局長ほか
、     ロシア側からロシュコフ大使、コウスチン参事官、ガムザ参事官ほか。来日中のチトフ・ロシア21世紀
委員会事務局長出席
3・17  千葉日ロ協会設立記念パーティ。鳩山会長、ガルージン公使が祝辞。臼井日出男衆院議員、
井上裕元参院議長ら400人
3・23  下田支部、サンクトペテルブルグの水彩画家マクシモヴァ・ナターリアさんを囲む会を開く。石井下田市長、
村上玉泉寺住職、天野長楽寺住職、協会関係者ら50人が集まる
3・24  大阪日ロ協会、第27回定期総会開き、サンクトペテルブルグおよびウラジオストックのロ日協会との
関係強化などの活動方針を決める
3・28  対外文化協会例会で鳩山会長講演。演題は「日ロ国交回復と新たな展望」
4・ 2  ロシア連邦外務省付属・ロシア国際文化科学協力センター、E・V・ミトロファーノヴァ議長来日
4・ 3  ミトロファーノヴァ議長、日ロ協会理事懇談会に出席
4・ 5  日ロ協会の案内で、山中外務政務官訪問。国際交流基金訪問、ロシア担当小滝理事と懇談
4・ 5  富山ロシア協会、設立20周年式典開く。橘康太郎副会長 出席。小川晃会長ほかロ日協会沿海支部
イニエッサ事務局長ら代表団6名と会談。カワレーロ地方の少年少女アンサンブル「桜の小枝」45名公演
4・ 8  協会京葉支部会長として長年活躍し2005年5月16日死去した「星野昌世を偲ぶ会」開く
4・ 9  ミトロファーノヴァ議長、下田市訪問、石井市長と懇談。協会支部対応、歴史資料館、玉泉寺など視察
4・10  ロシア大使館でミトロファーノヴァ議長歓送パーティ、協会から鯉幟を贈呈
4・21  日ロ協会埼玉、ロシュコフ大使講演会とパーティ開く。
5・ 8  川口支部、総会開催
5・11  ロシア大使館で民族功労賞授章式、斎藤理事長、大原理事
5・27  日本とロシアの友好親善を進める愛知の会、第5回総会とナターシャ・グジーディナーショー
6・ 5  愛知の会、クラスノヤルスク第5次訪ロ団出発。クラスノヤルスク建都378周年記念行事に参加。日本の
小学校の児童画を寄贈
6・ 8  大阪協会、「ロシア写真展」 吹田市役所ロビーで
6・15  協会、第8回(通算43回)総会開催。斎藤理事長辞任。定款を一部改正、専務理事制を新設。長峰義博
事務局長が専務理事に、羽田孝文事務局次長が事務局長に就任
6・26  北海道協会、第1回北海道・サハリン州市民交流会議
7・ 7   千葉日ロ協会第1回総会
7・11   北海道協会、第35回サハリン平和の船
~14 「豪華グルメの旅」「旧豊原ウォーキングの旅」
7・12  故菅野久光北海道協会理事長を偲ぶ会
7・14  協会岩手、日ロ国交回復50周年記念講演会、講師昭和史研究家半藤一利氏
7・15  大阪協会、「ロシア写真展」 NHK大阪アナトリウム
~23
7・20  下田支部、ニコラエフスク・ナ・アムーレ市資料館・ペトゥホバ・エレーナ館長招聘、玉泉寺のロシア人水兵の
墓参、開国記念館など視察
7・24   北海道協会、第36回サハリン平和の船
~28  「旧樺太遺跡巡りの旅」「サハリンゆったり鉄道の旅」
7・26   ペトゥホバ・エレーナ館長、協会本部を訪問
8・11   北海道協会、第8回青少年サハリン・北海道「体験・友情」 の船。
~17  札幌滝野丘公園でキャンプ交流、ホームステイ。 127名の青少年がサハリンから
8・13  協会岩手、日ロ国交回復50周年記念講演会の収益金6万円を、チェルノブイリ子ども基金奥羽に寄付
8・16  貝殻島沖でロシア警備艇、根室のカニカゴ漁船を銃撃、乗組員1名死亡、生存者3名と漁船拿捕。鳩山会長、
ガルージン臨時代理大使に抗議文送達
8・20  ノボシビルスク日本協会派遣少年文化代表団訪日。協会招待。
~27 日ロ埼玉、京葉支部、東京支部受け入れ。
8・21  北海道協会、第37回サハリン平和の船「旧敷香・上敷香」
~25 「知取・遠古丹」「恵須取・塔路・大平」「旧珍内・久春内
9・ 4  北海道協会、第38回サハリン平和の船「旧真岡」「旧小能
~8  登呂」「旧本斗・内幌・南名好」
9・ 8  八千代市立郷土博物館開催の日露戦争時の習志野捕虜収容所写真展を土屋千葉日ロ会長ら視察。
死没捕虜の慰霊祭開催決める。
9・24  京葉支部、史上初のロシア人上陸地房総天津小湊を視察
10・ 4  協会、第9回(通算44回)臨時総会開く。国交回復50周年記念フォーラム方針決定。橘康太郎副会長が
理事長に就任
10・17  訪露代表団出発
10・18   鳩山会長出発。モスクワ大学植物園で日本さくらの会による植樹祭挙行。
協会橘副会長、白真勲参議院議員、長峰専務理事、羽田事務局長ら参加
10・19  モスクワ市庁舎で日ロフォーラム開催。北海道、岩手、栃木、千葉、埼玉、東京、静岡各協会代表ほか関係
者、学者、ジャーナリスト、友好団体など160名参加。ロシア側を含め300人を超える大型フォーラムとなる
鳩山会長、橘副会長、河野太郎衆院議員、白真勲参議議員、都甲岳洋元駐ロ大使、下斗米伸夫法政大教授、
岩下明裕北大教授、池上雅子ストックフォルム大教授、若宮啓文朝日新聞論説主幹、稲川素子・稲川事務所
代表、小川英郎北日本パイプライン開発機構社長、鈴木泰行北海道協会副会長、土屋津以子千葉協会会長、
高柳孝博・細田栄作伊豆支部役員らが報告。ロシア側はルシコフ・ロシア21世紀委員会会長、サプリン・ロシア
外務省アジア局次長、リパートフ・「トランステレコム」社長ほか
10・20  NHKテレビほか新聞各紙報道
11     ロシュコフ大使帰任、後任にミハイル・ベールイ前駐インドネシア大使翌2月着任予定
12・18  日ロ友好レセプション、都内鳩山会館で開催、ロシア側からガルージン臨時代理大使、ガムザ参事官ほか参列

お知らせ

「第2回ロシアを知るセミナー2017(通算第43回)

「第2回ロシアを知るセミナー2017(通算第43回)」を下記日程にて開催いたします。 講 師:ヴィノグラドフ・コンスタンチン ロシア連邦交流庁駐日代表 テーマ:ロシア現代社会思想 日時:2017年6月7日(水)13:00 …

「第1回ロシアを知るセミナー2017(通算第42回)」のご案内

「第1回ロシアを知るセミナー2017(通算42回)」を下記日程にて開催いたします。 講師:東郷和彦氏 京都産業大学教授・世界問題研修所長、元外務省欧亜局長 日時:2017年4月28日(金)13:00~14:30(受付12 …

【ご報告】2017年度観桜の宴は盛況の裡に終了いたしました。

4月4日(火)日本・ロシア協会主催春の恒例の催事「観桜の宴」が、鳩山会館にて盛況の裡に終了いたしましたことをご報告申し上げます。 駐日ロシア連邦大使館、駐日ベラルーシ共和国大使館、外務省、経済産業省、関係団体並びに協会会 …

第5回ロシアを知るセミナー2016開催のご案内

「第5回ロシアを知るセミナー2016」を下記に日程にて開催いたします。 講師:中村義博氏 元外務省大使(ウルグアイ、ザンビア駐箚)、現千葉経済大学非常勤講  師、天理大学客員教授 テーマ:ウクライナを巡る米欧・露関係 日 …

「第4回ロシアを知るセミナー2016」開催のご案内

「第4回ロシアを知るセミナー2016」を下記に日程にて開催いたします。 講師:中村義博氏 元外務省大使(ウルグアイ、ザンビア駐箚)、現千葉経済大学非常勤講  師、天理大学客員教授 テーマ:中露関係 日時:2016年12月 …



PAGETOP